双身機関第20回公演 授業 −イヨネスコ作「授業」より NEW!!

教授宅へ授業に訪れた無垢な生徒は、初めこそ慇懃だが、次第に苛立ち、興奮し、ついには激昂する教授に刺し殺されてしまう― 個人と国家に等しく内包される人類普遍の暴力装置が発動する様を鮮やかに描いたアンチヒューマニズム、不条理演劇の金字塔「授業」。
2012年die pratze「授業」フェスティバル以来、名古屋、信州松本、韓国ソウルと形を自在に変えながら上演され続けた双身機関版「授業」が、名古屋・愛媛松山を巡回します!
しかも初演以来の日本バージョンと、イヨネスコの原作を根底から覆す韓国バージョンの日替わり上演!!
あなたはこの観劇体験で、自分の内に眠る殺意に気づくかも知れない。


【名古屋公演】

[構成・演出]
[照 明]
[音 響]
[写真撮影]
[協 力]

寂光根隅的父
横尾友美
尾関崇之 (EARTH SOUND FACTORY)
構久夫、山口美咲
後藤好子、田中りえ、伊藤晴美、加藤真紀子

[日 時] 2017年11月
1日(水) 17:30開場・18:00開演 NK
2日(木) 17:30開場・18:00開演 K
3日(金・祝) 17:30開場・18:00開演 N
※受付は開演の30分前
[会 場]

揚輝荘聴松閣
(愛知県名古屋市千種区法王町2-5-21)
(地下鉄東山線「覚王山駅」1番出口から北へ徒歩10分)

※会場には駐車場・駐輪場がございませんので、お越しの際には公共交通機関をご利用ください。
(周辺にはコインパーキングが数ヶ所ございます。)

[チケット料金]

一般前売 3,000円/当日 3,500円
学生前売 1,500円/当日 2,000円
※2回目以降の方は「リピーター割」1,000円でご覧頂けます。(チケットの半券をご提示下さい。)


[ご予約・お問い合わせ]

双身機関 info@soushinkikan.org  090-1625-6425 (ジャコウ)

携帯からの予約はこちらをクリック!

  
[PR] 訪問看護 訪問看護 ミラートレーダー 初心者 人事コンサル カンフェティ
こりっち舞台芸術 https://ticket.corich.jp/apply/85664/

【松山公演】
[日 時] 1月27日(土)18:30開場・19:00開演 N
1月28日(日)13:30開場・14:00開演 K
[会 場]

シアターねこ
(愛媛県松山市緑町1‐2)
(伊予鉄道市内電車「大街道駅」より徒歩5分、「赤十字病院駅」より徒歩5分)

※会場には駐車場・駐輪場がございませんので、お越しの際には公共交通機関をご利用ください。
(周辺にはコインパーキングが数ヶ所ございます。)

[チケット料金] 一般前売 2,000円/当日 2,300円
学生前売 1,000円/当日 1,300円
[構成・演出]
[照 明]
[音 響]
[舞台監督]
[協 力]
寂光根隅的父
横尾友美
尾関崇之 (EARTH SOUND FACTORY)
柴田頼克 (かすがい倉庫・電光石火一発座)
シアターねこ、だるまど〜る、秘密結社S.A.G(SHOUGEKI ALL GREEN)、中村きくえ、杉浦みゆき
【出演者バージョン】 N=日本バージョン【教授1:ポチ 生徒:大路絢果、女中:獅子見琵琶、教授2:寂光根隅的父】
K=韓国バージョン【教授:獅子見琵琶、生徒:ポチ、教授の死骸:寂光根隅的父 (信州上田・愛媛松山公演のみ)】
NK=日韓バージョン【教授1:獅子見琵琶、生徒:大路絢果、教授2:寂光根隅的父】
[ご予約・お問い合わせ] 信州上田公演 犀の角 0268-71-5221(7:30?10:00/16:00?21:30)
演劇祭特設サイト https://uemachiengekifes.tumblr.com/
双身機関 info@soushinkikan.orga 090-1625-6425(ジャコウ)
【発売開始】 名古屋 2017年9月1日(金)
松山  2017年12月1日(金)


双身機関 SOUSHINKIKAN

1995年3月結成 ―――
2005年には商店街での市街劇『箱男と箱女』(原作:安部公房)を上演、 2006年にはパフォーマンス作品 『ファシズム!』をもって韓国ソウルのギャラリー、 名古屋陶磁器センター、東京都美術館、三重県伊勢市のカフェを巡演、その後も野外広場、神社での上演を重ね、常に既成の劇場ではない新たな空間との出会いを求め続けている。 
代表の寂光根隅的父は利賀演劇人コンクール2012にて優秀演出家賞・観客賞を受賞。また近年では東京や鳥取、松本、韓国ソウルなど各地の演劇祭への招聘も多く、ベケットなど先鋭的な劇作家やオリジナルの作品を斬新な手法で上演し好評を博している。昨年11月には韓国国際2人劇フェスティバルに招聘され、イヨネスコ作「授業」はソウルの観客に衝撃をもって迎えられた。

[宣伝美術]
[協 力]

早野篤子
今井あや子
 
designed by : ysht.org   Copyright (C) 2017 theater company soushinkikan. All rights reserved.